プロフィール

プロフィール

いづつみゆき

夫と6歳息子・2歳娘の4人家族の働くお母さん。鎌倉市在住。

料理が苦手!毎日のレシピ検索&料理本が手放せなかった私。
そんな私でも「重ね煮」なら、時短で簡単に
栄養満点の料理を作れるように!

働くママ、育児で忙しいママに絶対知っててもらいたい!
たくさんの笑顔がみたい!と思い重ね煮アカデミーの師範を取得。

マイヒストリー

アトピーっ子だった私。
朝起きるとお布団が血だらけだったことも。
塗り薬はどんどん強くなり、最強と言われるものを
塗ってはよくなり、やめては酷くなりの繰り返し。

肌を見せたくない→自分に自信がない
そんな流れになっていった。

母親はそんな私を治してあげたいと、
市販のお菓子はダメ!チョコは絶対ダメ!
できるだけ自然に近いものを!と…。
いろいろ頑張ってくれていました。

高校生になり、
肌が強くなったのか、
体質が変わったのか、
少しは落ち着いてきましたが…。

自分で好きにお菓子を買い、
外食もできるようになり。

痒みがでたら薬を塗ればいいや!と。

20代。
親元を離れて生活するようになり、
パンだけの日や、連日の飲み会。
自炊するも、豆腐を茹でただけ、
キャベツを煮ただけの料理?といったものを
食べていました。

もちろんそんな生活をしているから、
季節の変わり目には体調を崩し、
肌が荒れれば薬を塗るの繰り返し。

平熱は35℃台。
「私、低体温なのー。」って
現代っ子でしょ。と自慢げな発言をしてた。

それではダメだ!と気がついたのは、
結婚してもなかなか妊娠しないことで
病院に通い始めてから。

体温をあげないと!食を変えなければ!
とオーガニック野菜を買い、
冷え取り靴下を何枚もはき、
マクロビを習い、と少しづつ変化が。

体温もあがり、妊娠。

それでも料理をするのは苦痛。
(料理を作るのは好きだけれど、
メニューを考えるのが…)

毎日、検索したり、料理本をめくってた。

息子を無事に出産。
母乳は順調。
離乳食が始まることに悩み
(乳児湿疹がそこそこでていた)
そもそも私は子どものために
ご飯を作れるのか…と不安に。

たまたまWSに参加した子育てサロンで
重ね煮料理に出会う。

出汁もつかわないお味噌汁の味に感動!

そこから私は重ね煮料理にはまっていったのです。

© 2021 重ね煮アカデミーⓇ鎌倉大船教室 tanto Powered by AFFINGER5