ブログ

季節の変わり目に大事な「食の衣替え」とは?

二十四節気で、今は「処暑」。

 

厳しい暑さの峠を越した頃です。
朝夕には涼しい風が吹き、
心地よい虫の声が聞こえてきます

 

本当にその通りですよね。
(少し地域差はあるかと思いますが)

 

 

朝晩の風が秋の気配が
してきました。

窓を開けて寝てると
寒いくらいですね。

日中は汗をかくほど暑いのに、
夜はひんやり。

 

この季節の変わり目に、
体調くずしてしまわないように
できること。

 

 

それは、「食の衣替え」

 

私たちが、今、
朝にちょっと寒いと
薄手の長袖を羽織り、

 

日中の恰好が
半袖から長袖に、
と、段々秋の装いになるように、

 

食事の内容も少しずつ
変えていきましょうね!

 

氷の入った冷たい麦茶から
あったかい番茶へ。

 

冷たい麺から
あったかい味噌汁に。

 

身体の内側から
温めてあげましょう。

そして、
スーパーの野菜売り場にも

少しずつ変化があると思います。

 

さつまいもや里芋が並び始めます。

秋の味覚.jpg

糖質がたっぷりの秋野菜を

ふんだんに使ってあげると、
身体を中から潤してくれるので、
空気の乾燥してくる
今はありがたいですね。

 

少しずつ使う野菜を
作る料理を変えて、

季節の変わり目を元気に
過ごしましょうね!

 

今までの時短レシピではない、
働くママでもできる
子どもと家族の健康を守れる
学びがあるのはここだけ!

クラス写真.jpg

-ブログ

© 2021 重ね煮アカデミーⓇ鎌倉大船教室 tanto Powered by AFFINGER5