ブログ

ワーママを悩ませる『夏バテ』は温度がカギ!

 

まだまだ梅雨空が続くようですが、

 

この梅雨が終わると
暑ーい夏がやってきますね。

 

この暑さで、「夏バテ」
なってしまうお子さんも
多いのでは?

 

 

暑くて食欲がない…。

なんとなく身体がだるい…。

 

 

病院に行くまでもないけれど、
元気がないお子さんは心配ですよね。

 

この夏バテが、
病気につながらないように

気をつけて欲しいこと、

それは、

 

 

食べ物の温度!

 

食べ物、飲み物の適温は

体温の±20℃。

 

例えば、体温が36.5℃だったら、
16℃ー56℃ですね。

 

 

私たちのカラダの中、
消化器官などの内蔵が
十分な機能を発揮できる温度は
37℃前後。

 

そう体温と同じくらいですね。

 

ここに冷たい麦茶、アイスなどが
入ってくることで、胃腸の動きが
悪くなってしまいます。

免疫力の7割は胃腸で作られてます。

 

胃腸の動きが悪いと
「夏バテ」だけでなく、
いろんな病気にもつながってきます。

 

冷たい食べ物は絶対にダメ!と
いうことではないですよ。

 

飲み物の氷をなくす、
冷たい麺を食べる日を少なくする、

 

ちょっと適温を意識して、
控えるだけで、「夏バテ」にならずに元気に夏を過ごせますよ!

-ブログ

© 2021 重ね煮アカデミーⓇ鎌倉大船教室 tanto Powered by AFFINGER5