ブログ

美味しいごはんを作るための、毎日の調味料の選び方のポイント<その2>

昨日から調味料の選び方のポイントを
お伝えしています。

 

ポイントは3つ。

1.原材料がシンプルなもの
2.丁寧に作られたもの
3.簡単に購入できるもの

 

今日はふたつめ、

2.丁寧に作られたもの

これについてお話しますね。

 

私たちが普段つかっている調味料。
昔からある、塩、醤油、味噌の他に、
最近はたくさんの調味料がありますね。

調味料.jpeg

その調味料の原料が何で、
どうやって作られるか
その工程を知っていますか?

 

昔ながらの製法で作られたものと、
工場で大量生産に作られたもの

 

この2つに大きく分けられるのですが、
この2つの工程で違うのは時間

 

やはり昔ながらの製法は、
ゆっくりと時間をかけて発酵させたり、
抽出したりされているので
時間をかけて丁寧に
作られているんですね。

 

なので、味や香りがよく
料理をおいしくしてくれるので、
昔ながらの製法で作られたもの
おすすめしています。

 

重ね煮アカデミーのクラスでは
この調味料の原材料や製法について、
生徒さんの宿題として
調べてきてもらいます。

調味料宿題.jpg

(これは実際に生徒さんが提出してくださったもの)

 

それは自分で調べることで
気づきや発見があり、
自分で「これがいい!」と
決めることができるから。

 

ただ「これがいい」って
言われたから選ぶより、

自分が「これがいい」と
決めれる方がいいと思いませんか?

 

それができるようになるのが、
重ね煮アカデミーでの学びなんです。

そうなりたい!と思ったら、
体験クラスに会いに来てください
ね。

クラス写真.jpg

 

 

-ブログ

© 2021 重ね煮アカデミーⓇ鎌倉大船教室 tanto Powered by AFFINGER5