ブログ

病気になりにくい子どものカラダにするための基本はコレ!

毎日の献立を考えるときに、

まずはご飯と汁物から
決めてくださいね。

 

そうすると楽になりますよ!
と前回お伝えしました。

 

それって、ただ考えるのが
楽になる順番ではなくて、

私たちのカラダにとって
大事なものだから、
その順番で考えて欲しいのです。

 

 

ご飯が大事、それは主食だから?
汁物が大事、それは喉を潤すため?

 

 

それもそうですが、
私たちのカラダを作るのに必要な
栄養素と関係があるんです。

 

それの栄養素は、
タンパク質の元になるアミノ酸

 

私たちの身体を構成する
タンパク質の元となる
アミノ酸は20種類。

 

そのうち、体内でつくることが
できないため外から補う必要のある
必須アミノ酸が9種類あります。

 

お米と大豆(味噌の原材料)は
どちらもこの必須アミノ酸を
多く含んだ食べ物

 

これがパンやパスタだと
足りないんです…。

 

なので、
ご飯と汁物(お味噌汁)から
献立をたてていくことが大事!

ご飯とお味噌汁3.jpg

 

強いカラダになれる基本ですよ!

 

 

早速、今日からこの考え方で
献立を立ててみてくださいね。

 

我が家は今日は、
分つき米と重ね煮お味噌汁、
(このどちらも朝に作ったもの)

鶏肉と根菜の煮物を作る予定です!
(夜は煮物を作るだけ!)

-ブログ

© 2021 重ね煮アカデミーⓇ鎌倉大船教室 tanto Powered by AFFINGER5